サイモンベアは、子どもの持つ語学の才能を開花させ、伸ばしてあげたいと考える親御さんたちをセミナーやコミュニティを通じてサポートしています。

TOP > よくある質問

よくある質問
  • 英語で読む・書く・話すことは、どれくらい時間かかりますか?
    (How long will it take for my child to be able to read, write and speak English?)

  • こどもによって異なります。しかし、お子様が自信を持って英語で読む・書く・話すことが出来るようになるまでには2・3年がかかります。ご自宅でご両親のサポートがあれば、 もっと早く上達します。
    (Every child is different. However, you can expect to wait 2-3 years before your child is confident in speaking and writing English. If parents support English learning at home, progress will be faster.)
  • こどもが自宅で英語を話すようになりますか?
    (Will my child speak English to me at home?)
  • ほとんどお子様の場合は恥ずかしくて、自宅で話しません。そして自信を持って、第二言語を話せるようになるのに「沈黙期間」というものがあります。何人かのご両親は自宅で、一緒に絵本を読んだり、英語の宿題を手伝ったりゲームをしたり、日常会話の中に英語のフレーズを取り入れることでお子様に対して英語で話すこと・教えることに成功しています。
    (Most do not speak English at home because they are too shy. In addition, there is a silent period in second language learning before children gain enough confidence to start speaking. Some parents, however, have been successful speaking and teaching English to their children at home through reading books together, helping with English homework, playing games, and using English phrases in everyday conversations.)
  • しばらくの間英語学習をお休みしたら、それまでに費やした時間と苦労は無駄になるのでしょうか?
    (If my child takes a break from learning English, will all of my progress be wasted?)
  • 幼いうちに外国語に触れておくという事は、将来的により高度な語学力を習得する可能性を高め、子どもの対象言語の学習態度をより積極的なものとするという研究報告がなされています。
    私たちは自分の経験を通して、新しい言語を学ぶのは難しいという事を知っていますね。第二言語をの学習と実践を中断すると、その言語の能力は次第に失われていくものです。でも、再び学習と実践を始めれば、その言語力を短期間で取り戻す事が出来るのです。
    この理由について簡単に言うと、私たちの脳は再びその言語を使う「潜在能力」を持っている、と説明できるのではないかと思います。
    筋肉の発達にも同じようなパターンが見られます。筋肉を作るには、多くの努力と栄養が必要です。そして一度使うのを中断すれば、筋肉は小さくなります。それでも、再び筋肉を動かす事により、短期間で元のサイズの筋肉を取り戻す事が出来るのです。筋肉には元のサイズの「記憶」があるのです。
    能力の構築と一度達したレベルへの復帰能力という点において、言語能力と筋肉の発達には類似性があると言えるかも知れませんね。
    つまり、第二言語習得に関する全ての好影響を考えれば、無駄になる言語教育など無いと言えるのです。

    (We have seen in the research literature that early exposure to a foreign language increases the possibility that the child will later develop a higher level of proficiency
    in that language, and that a child's attitude towards that language will be more positive.
    From our experience, however, we know that it is difficult to learn a new language. When we stop learning and using a second language, we gradually become less proficient in that language. Yet, if we begin learning and using that language again, we regain our skills quite quickly.
    To simplify the reason for this, we might say that the brain has stored the "potential" for using that language again.
    In muscular development, we notice a similar pattern. While a great deal of effort and nutrition is needed in order to build a muscle, when we stop using it, the muscle shrinks. However, when we begin using it again, the muscle quickly regains it's original size. The muscle has a "memory" of its original size.
    Perhaps we can say that language ability and muscular development are similar in their ability to build, and to regain their original strength.
    When we think of all the positive effects of second language learning, it seems reasonable to conclude that no language education is wasted.)
  • 英語で子育て:『日本語能力は大丈夫か』
  • 「英語で子育て」をしようという親が増えるにつれ、その過程で子どもの日本語能力に支障をきたさないかと心配する声もあがっている。
    早期第二言語教育に反対する人の中には、頭にはある一定量の「キャパシティー」があり、第二言語にあまり早く触れると第一言語の領域を何らかのかたちで脅かすと信じる人もいる。
    しかしながら、日本のように一つの言語が大勢を占める社会では、第一言語の能力に支障をきたすことはまずないことが、40年以上にわたる研究で明らかにされている。
    親が地域の主要言語を話し、子どもと一日の数パーセントだけを英語で過ごしたり、英語の本を読んだりする場合、日本語能力を失う可能性はほぼない。さらに言うならば、地域で話されている言語の影響が家庭で話される言語の影響を上回ることが、学術論文で何度も示されている。

    (The recent interest of Japanese parents in bringing up their children with a second language i.e., English (commonly referred to as 英語で子育て), has sparked a debate on whether a child's Japanese language ability can suffer in the process.
    Some opponents of early second language education believe the mind has a certain "capacity" for languages, and that adding a second language too early will somehow displace the primary language.
    However, over forty years of research has shown that for members of a majority language society, such as Japan, learners of a second language experience no loss in their first language skills.
    In the case of Eigo de Kosodate, where parents are members of the majority language community and aim to spend only a small percentage of their day conversing with their children in English, and reading books etc., there is little or no concern for loss of Japanese language ability. Moreover, it has been repeatedly demonstrated in the academic literature that the influence of the language spoken by the society at large will outweigh the influence of the language spoken at home.)

PageTop

Profile
  • profile picture
    • 代表:サイモン ダウンズ
    • Simon R. Downes, Ph.D.
    • 発達心理学博士
      筑波大学心理・発達教育相談室 
      非常勤相談員
      東京成徳大学 応用心理学部
      非常勤講師
      立教大学法学部 兼任講師
      千葉商科大学 非常勤講師
    • 専門:バイリンガル教育 more
JARBC member login

PageTop